その業者は大丈夫?水道工事には資格が必要です

水まわりの修理くらいであれば簡単なもであれば素人でも対応することが可能ですが、工事レベルとなってしまうと技術力の高いきちんとした業者に依頼しなければなりません。なかでも資格を持っている作業員がいる業者かどうかは、品質や信頼に大きく影響が出てきます。生活の要となる水まわりのトラブルは完璧に対処してくれるところにお願いして、気持ち良く毎日を過ごしたいものです。業者を選ぶうえで重要なポイントとなる施工内容と資格について知っておけば安心して依頼できるようになります。

■水道管関係の業務の種類

水道工事と一口に言ってもその内容は多種多様で、給水管引込工事と屋内配管工事そして下水道排水設備工事の三種類に分かれています。このうち家庭内での水道トラブルに関わってくるのが、水道管から家屋の敷地内に給水管を引く給水管引込工事と、家屋の中に給水管や排水管を設置する屋内配管工事の二つになります。管同士をつないでいくこれらの作業は、正しい手順を踏んで行わないと漏水してしまうおそれがあり資格保持者がいなければ行えませんので、対応できる業者も限られてくることになります。水道管に関するトラブルがいつ起こってもいいように業者について事前に調べておくと、いざというときに慌てずにすみます。

■どのような資格があるか

家庭で起こる水まわり関連の問題に対処できる資格には、どのようなものがあるのでしょうか?まず、管工事に携わるのが1級および2級管工事施工管理技士です。冷暖房や空調をはじめ給排水や給湯などのさまざまな配管の施工計画を作成したうえで、工程や品質を管理する資格です。特に1級ともなると合格するための難易度が高いので、資格保持者がいるということはその分高品質の施工が期待できます。また、給水装置工事主任技術者は国家資格で、給水装置の技術面での管理や現場での指導監督という重要な役割を担います。これらの資格を有する社員がいる業者は施工内容の技術や質が高くて信頼できますので、選ぶときのチェックポイントとして覚えておくとよいでしょう。

■まとめ
水道工事は、資格保持者がいるといないとでは完成後の品質に差が出ます。せっかく直してもらうからには、すぐにトラブルが再発するということがないようにしてもらいたいのは全ての人の願いです。何かあったら技術力に自信のある業者に頼めるよう、前もって複数のところから情報を収集して心積もりをしておくのが得策です。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ